埼玉ゆる学び体験!
〜親がこどもと一緒に遊びながら学ぶ〜
田舎さんぽ

コロナ撃退!?東松山市に残る村を守る守護神フセギとは?

この記事では、埼玉県東松山市悪戸(あくと)の伝統行事、フセギについてご紹介します。

 

世の中ではコロナが猛威をふるっていますが・・

 

人類は、これまで天然痘やコレラなどいろんな疫病と戦ってきました。

 

医学が進歩していなかった昔は、人々はどのように疫病と対峙していたのでしょうか?

 

いろいろな方法がありましたが、今日はその中でも埼玉に残る伝統行事、フセギをご紹介します。

 

(1)フセギって何?

 

フセギとは・・

村の中に疫病などの悪いものが入ってこないように、村境に立てる結界

です。

 

村境に、藁(ワラ)で作った作り物や、1〜2メートルくらいの竹笹にお札を挟んだものを立てて・・

 

村の中に災いが入ってこないようにガードします!

 

悪いものを防ぐ(ふせぐ)から、フセギなんですね。

 

埼玉県内でも各地でたくさんのフセギの行事が残っています!

 

(2)東松山市悪戸(あくと)のフセギ

今日は、東松山市悪戸(あくと)地区のフセギをご紹介しますね。

 

東松山市にもたくさんのフセギ行事が残っているんですよ〜!

1、カタチ

東松山市悪戸のフセギは男女性器型です。

以前、埼玉県内のフセギの形をご紹介しました。

コロナも退散!?埼玉に残る魔除けのお祭りフセギを見つけてみよう!

 

男女性器型は、東松山などの比企地域や川越に残っています。

2、時期

作成時期は、毎年3月上旬です。

 

集会所に集まり、地域の人々がワラを編んでいきます。

男女のものを作成し、竹にくくりつけたものを5本完成させます。

 

それらを5カ所の村境に立てていきます

 

(3)宝探しの感じで探してみて!

悪戸地区は、高坂駅から徒歩20分くらいのところにあります。

ハイキングやおさんぽついでに、フセギを探すのも楽しいですよ!

 

実際、私も学生時代に・・・

 

地図を片手に、フセギをあるところを予想しながら歩いて探しました。

 

まるで宝探しのようで、とても楽しかったです!

 

宝探しウォークラリーみたいな感じでやってみてくださいー!

(4)まとめ

・フセギは村を守る結界

・東松山市悪戸のフセギ

・フセギ探しはまるで宝探しのようで楽しい

学生時代、フセギを探しまくっていたので、先生方から「フセギ娘」と呼ばれていました。

 

そんなフセギ娘が、埼玉県内に残るフセギを今後も熱くご紹介していく予定です!